Skip to content

依存関係の最適化オプション

optimizeDeps.entries

  • 型: string | string[]

デフォルトでは、Vite はすべての .html ファイルをクロールして、事前にバンドルする必要のある依存関係を検出します(node_modules, build.outDir, __tests__ および coverage は無視します)。build.rollupOptions.input が指定されている場合、Vite は代わりにそれらのエントリポイントをクロールします。

これらのいずれもニーズに合わない場合、このオプションを使ってカスタムエントリを指定することができます。値は Vite プロジェクトルートからの相対的な fast-glob パターン か、パターンの配列でなければいけません。これによりデフォルトのエントリの推論が上書きされます。optimizeDeps.entries が明示的に定義されている場合、デフォルトでは node_modulesbuild.outDir フォルダのみが無視されます。他のフォルダを無視したい場合は、最初の ! でマークした無視パターンをエントリリストの一部として使用できます。

optimizeDeps.exclude

  • 型: string[]

事前バンドルから除外する依存関係。

CommonJS

CommonJS の依存関係を最適化から除外してはいけません。ESM の依存関係が最適化から除外されているが、ネストされた CommonJS の依存関係がある場合は、CommonJS の依存関係を optimizeDeps.include に追加する必要があります。例:

export default defineConfig({
  optimizeDeps: {
    include: ['esm-dep > cjs-dep']
  }
})

optimizeDeps.include

  • 型: string[]

デフォルトでは、リンクされたパッケージのうち node_modules の外にあるものは事前バンドルされません。このオプションを使用してリンクされたパッケージを強制的に事前バンドルします。

optimizeDeps.esbuildOptions

依存関係のスキャンと最適化の際、 esbuild に渡すオプション。

いくつかのオプションは、変更すると Vite の依存関係最適化と互換性がなくなるため、省略されています。

  • external も省略されています。Vite の optimizeDeps.exclude オプションを使用してください
  • plugins は Vite の依存関係プラグインとマージされます