Skip to content

プレビューのオプション

preview.host

サーバがリッスンすべき IP アドレスを指定します。 0.0.0.0 または true に設定すると、LAN やパブリックアドレスを含むすべてのアドレスをリッスンします。

これは CLI で --host 0.0.0.0--host を使用して設定できます。

preview.port

  • 型: number
  • デフォルト: 4173

サーバのポートを指定します。このポートがすでに使用されている場合、Vite は次に使用可能なポートを自動的に試すので、サーバが最終的にリッスンする実際のポートとは異なる場合があることに注意してください。

例:

export default defineConfig({
  server: {
    port: 3030
  },
  preview: {
    port: 8080
  }
})

preview.strictPort

true に設定すると、ポートがすでに使用されている場合に、次に使用可能なポートを自動的に試すことなく終了します。

preview.https

  • 型: boolean | https.ServerOptions
  • デフォルト: server.https

TLS + HTTP/2 を有効にします。server.proxy オプションも使用されている場合にのみ TLS にダウングレードされるので注意してください。

この値は https.createServer() に渡されるオプションオブジェクトでも構いません。

preview.open

サーバ起動時に自動的にブラウザでアプリを開きます。値が文字列の場合、URL のパス名として使用されます。もしあなたの好きなブラウザでアプリを開きたい場合、環境変数 process.env.BROWSER(例: firefox)を定義できます。詳細は open パッケージ をご覧ください。

preview.proxy

  • 型: Record<string, string | ProxyOptions>
  • デフォルト: server.proxy

開発サーバのカスタムプロキシのルールを設定します。{ key: options } のペアのオブジェクトが必要です。キーが ^ で始まる場合は RegExp として解釈されます。プロキシのインスタンスにアクセスするには configure オプションを使用します。

http-proxy を使用します。全オプションはこちら

preview.cors

開発サーバの CORS を設定します。これはデフォルトで有効になっており、どんなオリジンも許可します。オプションオブジェクトを渡して微調整するか、false で無効にします。