Skip to content
On this page

コマンドラインインターフェイス

開発サーバ

vite

Vite 開発サーバをカレントディレクトリで起動します。

使い方

bash
vite [root]

オプション

オプション
--host [host]ホスト名を指定する (string)
--port <port>ポートを指定する (number)
--httpsTLS + HTTP/2 を使用する (boolean)
--open [path]起動時にブラウザを起動する (boolean | string)
--corsCORS を有効化する (boolean)
--strictPort指定されたポートが既に使用されている場合は終了する (boolean)
--forceオプティマイザにキャッシュを無視して再バンドルさせる (boolean)
-c, --config <file>指定された設定ファイルを使用する (string)
--base <path>public のベースパス(デフォルト: /) (string)
-l, --logLevel <level>Info | warn | error | silent (string)
--clearScreenログを表示する際に画面をクリアするかどうか (boolean)
-d, --debug [feat]デバッグログを表示する (string | boolean)
-f, --filter <filter>デバッグログをフィルタリングする (string)
-m, --mode <mode>env モードを設定する (string)
-h, --help利用可能な CLI オプションを表示する
-v, --versionバージョン番号を表示する

ビルド

vite build

本番用にビルドします。

使い方

bash
vite build [root]

オプション

オプション
--target <target>トランスパイル対象(デフォルト: "modules") (string)
--outDir <dir>出力ディレクトリ(デフォルト: dist) (string)
--assetsDir <dir>出力先のディレクトリ内で静的アセットを配置するディレクトリ(デフォルト: "assets") (string)
--assetsInlineLimit <number>静的アセットを base64 inline 化する閾値(単位はバイト。デフォルト: 4096) (number)
--ssr [entry]サーバーサイドレンダリング用に特定のエントリをビルドする (string)
--sourcemapビルド用のソースマップを出力する (デフォルト: false) (boolean)
--minify [minifier]最小化を有効/無効にする、または使用するミニファイアを指定する (デフォルト: "esbuild") (boolean | "terser" | "esbuild")
--manifest [name]ビルドマニフェスト JSON を出力する (boolean | string)
--ssrManifest [name]SSR マニフェスト JSON を出力する (boolean | string)
--forceオプティマイザにキャッシュを無視して再バンドルさせる(実験的機能)(boolean)
--emptyOutDirroot の外部に outDir がある場合、outDir を強制的に空にする (boolean)
-w, --watchディスク上のモジュールが変更されたときに再ビルドする (boolean)
-c, --config <file>指定された設定ファイルを使用する (string)
--base <path>public のベースパス(デフォルト: /) (string)
-l, --logLevel <level>Info | warn | error | silent (string)
--clearScreenログを表示する際に画面をクリアするかどうか (boolean)
-d, --debug [feat]デバッグログを表示する (string | boolean)
-f, --filter <filter>デバッグログをフィルタリングする (string)
-m, --mode <mode>env モードを設定する (string)
-h, --help利用可能な CLI オプションを表示する

その他

vite optimize

依存関係を事前バンドルします。

使い方

bash
vite optimize [root]

オプション

オプション
--forceオプティマイザにキャッシュを無視して再バンドルさせる (boolean)
-c, --config <file>指定された設定ファイルを使用する (string)
--base <path>public のベースパス(デフォルト: /) (string)
-l, --logLevel <level>Info | warn | error | silent (string)
--clearScreenログを表示する際に画面をクリアするかどうか (boolean)
-d, --debug [feat]デバッグログを表示する (string | boolean)
-f, --filter <filter>デバッグログをフィルタリングする (string)
-m, --mode <mode>env モードを設定する (string)
-h, --help利用可能な CLI オプションを表示する

vite preview

本番ビルドをローカルでプレビューします。

使い方

bash
vite preview [root]

オプション

オプション
--host [host]ホスト名を指定する (string)
--port <port>ポートを指定する (number)
--strictPort指定されたポートが既に使用されている場合は終了する (boolean)
--httpsTLS + HTTP/2 を使用する (boolean)
--open [path]起動時にブラウザを起動する (boolean | string)
--outDir <dir>出力ディレクトリ(デフォルト: dist) (string)
-c, --config <file>指定された設定ファイルを使用する (string)
--base <path>public のベースパス(デフォルト: /) (string)
-l, --logLevel <level>Info | warn | error | silent (string)
--clearScreenログを表示する際に画面をクリアするかどうか (boolean)
-d, --debug [feat]デバッグログを表示する (string | boolean)
-f, --filter <filter>デバッグログをフィルタリングする (string)
-m, --mode <mode>env モードを設定する (string)
-h, --help利用可能な CLI オプションを表示する

Released under the MIT License. (bde7de8e)