Skip to content

比較

WMR

Preact チームが開発した WMR にも似たような機能群があり、Vite 2.0 の Rollup プラグインインタフェイスのサポートは、これに影響を受けています。

WMR は主に Preact プロジェクトのために開発されていて、プリレンダリングなどのより統合された機能を提供しています。スコープの点では、Preact meta framework に近いものです。Preact を使用しているなら、WMR はより洗練された経験をもたらしてくれるでしょう。

@web/dev-server

@web/dev-server(旧称 es-dev-server)は素晴らしいプロジェクトです。Vite 1.0 の Koa ベースのサーバのセットアップはこのプロジェクトに影響を受けたものです。

@web/dev-server はスコープの点では少し低レベルです。公式のフレームワークとの統合を提供しておらず、本番ビルドのためには Rollup の設定を手動でセットアップする必要があります。

全体として、Vite はより out-of-the-box なワークフローを提供することを目的とした opinionated で高レベルのツールです。しかし、@web アンブレラプロジェクト内には、その他にも Vite ユーザにも役に立つ優れたツールが存在します。

Snowpack

Snowpack も no-bundle ネイティブな ESM の開発サーバで、Vite と非常に近い目的を持っています。このプロジェクトは今ではメンテナンスされていません。現在、Snowpack チームは Vite を利用した静的サイトビルダーである Astro の開発に取り組んでいます。Astro チームは現在、エコシステムでの活発なプレイヤーであり、Vite の改良に貢献しています。

実装の詳細が異なる点を除き、2 つのプロジェクトは伝統的なツールより技術的に優れている点で非常に多くの共通点があります。Vite の依存関係の事前ビルドの機能は、Snowpack v1(現在のesinstall)にも影響を受けています。2 つのプロジェクト間の大きな違いは、v2の比較ガイド に列挙されています。

Released under the MIT License. (3043c26b)