Skip to content
On this page

トラブルシューティング

さらなる情報はRollupのトラブルシューティングガイドもご覧ください。

こちらに提案されているもので動作しなかった場合、GitHub DiscussionsVite Land Discord#help チャンネルで質問してみてください。

CLI

Error: Cannot find module 'C:\foo\bar&baz\vite\bin\vite.js'

プロジェクトフォルダへのパスに & が含まれているかもしれません。この場合、Windows では npm が動作しません (npm/cmd-shim#45)。

次のいずれかを行う必要があります:

  • ほかのパッケージマネージャに切り替える (例: pnpmyarn)
  • プロジェクトへのパスから & を取り除く

開発サーバ

リクエストがいつまでも終わらない

Linux を利用している場合、ファイルディスクリプタ制限と inotify 制限が問題を引き起こしているかもしれません。Vite はほとんどのファイルをバンドルしないため、ブラウザが大量のファイルをリクエストし、大量のファイルディスクリプタが必要になり、制限を超えることがあります。

これを解決するためには:

  • ulimit によりファイルディスクリプタ制限を引き上げる

    shell
    # 現在の制限を確認
    $ ulimit -Sn
    # 制限を変更 (一時的)
    $ ulimit -Sn 10000 # ハードリミットを変更する必要もあるかもしれません
    # ブラウザを再起動する
    
  • sysctl により次の inotify 関連の制限を引き上げる

    shell
    # 現在の制限を確認
    $ sysctl fs.inotify
    # 制限を変更 (一時的)
    $ sudo sysctl fs.inotify.max_queued_events=16384
    $ sudo sysctl fs.inotify.max_user_instances=8192
    $ sudo sysctl fs.inotify.max_user_watches=524288
    

上記の手順でうまくいかない場合は、以下のファイルに DefaultLimitNOFILE=65536 をコメント無しで追加してみてください:

  • /etc/systemd/system.conf
  • /etc/systemd/user.conf

これらの設定は持続しますが、再起動が必要なことに注意してください。

ネットワークリクエストの読み込みが止まる

自己署名 SSL 証明書を使用する場合、Chrome はすべてのキャッシュディレクティブを無視し、コンテンツを再読み込みします。Vite は、これらのキャッシュディレクティブに依存しています。

この問題を解決するには、信頼できる SSL 証明書を使用してください。

参照: キャッシュの問題Chrome の問題

macOS

このコマンドで、CLI から信頼できる証明書をインストールできます:

security add-trusted-cert -d -r trustRoot -k ~/Library/Keychains/login.keychain-db your-cert.cer

または、キーチェーンアクセスアプリにインポートして、証明書の信頼度を「常に信頼」に更新します。

431 Request Header Fields Too Large

サーバ / WebSocket サーバが大きな HTTP ヘッダを受信した場合、リクエストが破棄され次のような警告が表示されます。

Server responded with status code 431. See https://vitejs.dev/guide/troubleshooting.html#_431-request-header-fields-too-large.

これは CVE-2018-12121 を軽減するため Node.js がリクエストヘッダサイズを制限しているためです。

これを回避するためには、リクエストヘッダサイズを減らすことを試みてください。例えば、クッキーが長い場合、削除します。あるいは、--max-http-header-size を利用して最大ヘッダサイズを変更できます。

HMR

Viteがファイルの変更を検知しているのにHMRが動作しない

ファイルを別のケースでインポートしているかもしれません。例えば、src/foo.js が存在し、src/bar.js が次の内容を含んでいる場合:

js
import './Foo.js' // './foo.js' であるべき

関連 issue: #964

Viteがファイル変更を検知しない

Vite を WSL2 で実行している場合、いくつかの条件下では Vite はファイル変更を監視できません。server.watch オプション を参照してください。

HMRではなく完全なリロードが発生する

Vite もしくはプラグインによって HMR が処理されていない場合、完全なリロードが発生します。

また、依存関係の循環がある場合、完全なリロードが発生します。これを解決するには、循環を取り除くことを試みてください。

コンソールに表示される HMR の更新回数が多い

これは、循環した依存関係によって引き起こされる可能性があります。これを解決するには、ループを断ち切ってみてください。

ビルド

ビルドしたファイルが CORS エラーで動作しない

出力される HTML ファイルが file プロトコルで開かれている場合、以下のようなエラーでスクリプトが実行されません。

Access to script at 'file:///foo/bar.js' from origin 'null' has been blocked by CORS policy: Cross origin requests are only supported for protocol schemes: http, data, isolated-app, chrome-extension, chrome, https, chrome-untrusted.

Cross-Origin Request Blocked: The Same Origin Policy disallows reading the remote resource at file:///foo/bar.js. (Reason: CORS request not http).

この現象が発生する理由については、Reason: CORS request not HTTP - HTTP | MDN を参照してください。

ファイルには http プロトコルでアクセスする必要があります。これを実現する最も簡単な方法は、npx vite preview を実行することです。

その他

ブラウザ互換性のためにモジュールを外部化

Node.js のモジュールをブラウザで使用する場合、Vite では以下のような警告が出力されます。

Module "fs" has been externalized for browser compatibility. Cannot access "fs.readFile" in client code.

これは、Vite が Node.js のモジュールを自動的にポリフィルしないためです。

ポリフィルは手動で追加できますが、バンドルサイズを小さくするため、ブラウザコードに Node.js モジュールを使うのは避けることをお勧めします。もし、モジュールが(ブラウザで使用することを想定した)サードパーティのライブラリからインポートされている場合は、それぞれのライブラリに問題を報告することをお勧めします。

Syntax Error / Type Error が発生する

Vite は非厳格モード (sloppy モード) でのみ動作するコードを処理できず、対応していません。これは Vite が ESM を利用していて ESM 内では常に厳格モードであるためです。

例えば、次のようなエラーを表示されることがあります。

[ERROR] With statements cannot be used with the "esm" output format due to strict mode

TypeError: Cannot create property 'foo' on boolean 'false'

これらのコードが依存関係で使われていた場合、patch-package (または yarn patch または pnpm patch) をエスケープハッチとして利用できます。

Released under the MIT License. (bde7de8e)